症状が改善するときに起こる現象

 

氣は主に、手のひらと、足の裏から出入りします。 

そのため、氣が出入りすると手や足が、しびれたり温かくなったり 

チクチク感じたりします。

 

氣を感じられれば症状改善へ向かうことが出来ます。氣を感じられ

なくても何回か施術を受けるうちに必ず感じられるようになります。

 

波動の効果はお客様の体質によって異なります、すぐ効果の出る方、

徐々に効果が出る方、なかなか効果が出ない方と様々です。

 

症状が改善するまでの期間は体質により異なります。

 

1~2回で改善しない、何も感じない方は、波動療法は効かないと 

思ってしまいます。特に脳に氣の滞りがある方、クスリの影響や 

脳の緊張などで何も感じることが出来ない方もいらっしゃいます。

 

しかし体内では確実に変化が起こっています!

 

氣の流れが良くなるまでは症状に変化は起こりませんが、 

諦めずに波動を受けた方は症状が必ず良くなっています! 

  

体質により、潜在していた症状が、表面化することがあります。 

例えば、高熱が出たり、体がだるくなったり、頭痛やじんましん 

などが出るなど、いわゆる好転反応と言われるものです。

  

慢性の症状などは、氣が通ることで体質を変えようと治癒力が働き 

出します。そのことにより、症状を引き起こしていた原因となる滞りが、 

一時的に痛みや不快症状として出てしまう事もあります。

  

また、腕や足などが自分の意思とは別に、動き出してしまったり

電気を流したような筋肉の震えなどの神経反射が起きることもあります。

氣の滞りがあると脳が反応して起こす現象ですのでご安心下さい。

 

波動(氣)を実際に難病の方に施術し改善(根本治癒)した例は

多々ありますが、全く効果の出なかった方もいらっしゃいます。

 

当店では何故、効果の有無が生じるのかを研究してきました。

 

その結果、脳の緊張状態が関係していることがわかりました。

 

自律神経において交感神経が優位になり、副交感神経が立ち上がらない

状態が長期間続いている場合(ストレス、薬、睡眠、手術、等)は

波動を脳が受け付けないため体感が得られません。

 

脳内は無数の信号が飛び交っていますが、脳内の信号の伝達が

阻害されている状態が、病気を防げない、治らない状態を

作っていると言っても過言ではありません。

 

脳の状態で病気や症状が、改善するかしないかが決定されるのです。

 

脳の信号伝達を阻害している原因は様々ですが、その代表が

いわゆるストレスです。嫌なことを忘れようと無意識に記憶を

消してしまおうと現実逃避してしまうことや、トラウマなど

心の在り方が潜在的な原因になっている場合も少なくありません。

 

原因不明の症状には必ず、心の状態 が関わっています。

 

精神的、肉体的ストレスにより、脳内神経伝達物質の分泌が滞り

交感神経が高まり、脳内の緊張状態が作られてしまうことで

全身の神経細胞の働きに影響を及ぼし、病気を防ぐアプローチが

出来なくなってしまう状況が作られてしまいます。

 

脳波動療法を受けられて体感が無い方でも、しっかり内部変化は

起こっています。少しでも波動を感じることが出来るようになれば

症状が改善している変化を体感していただくことが出来ます。