脳を癒す気功療法店

エル ヴィエント 横浜

すべては から

welcome

el viento yokohama

ようこそ エル ヴィエント横浜へ

 

 

当店では真の健康とは何か? 

を考え病気症状に対しての 

自然治癒力を増幅させる波動の

研究と療法の実践をしています。

  

当店の氣功は脳が心地よく癒され 

ます。気功、脳波動療法の施術に 

より脳内の神経伝達物質の分泌を 

促し高めます。

 

自律神経が整い自然治癒力が発動 

されますので、免疫力が高まり 

病気症状が改善されて行きます。

 

病気以外にも、仕事や人間関係の

悩み、夢を実現するサポートなど

氣(波動)のエネルギーで問題を

解決、実現に導きます。

 

お気軽にお問い合わせ下さい

 

もう誰にも忘れ去られた見えないチカラ

森羅万象に感謝し生きていた時代は去り

見えるものしか信じない時代に移ろうとも

今の世が忘れている尊い何かを求めて

自然の中を彷徨う

誰にも知られず気づかれず 見えない力は囁く

ここにいるよ と


自律神経調整 免疫力向上

脳内神経伝達物質の活性化

夢の実現 運気向上


Healing of The Brain   El Viento Yokohama

病は気から 治癒は脳から 

 

気功・脳波動療法の専門店

エル ヴィエント 横浜

 

住所 横浜市中区元町2-80

ビラ代官坂203

 

 TEL045-877-3660

予約制

 

 営業時間: 11:0018:00 

 

年内は12/30(水曜)まで営業致します

来年は1/5(火曜)より営業致します

 

定休日月曜

 

交通: みなとみらい線      

     元町・中華街駅5番出口より徒歩 5分

JR 石川町駅より徒歩 12分

 

 

 


★病気の根本改善

脳波動療法で病気が治癒

治癒力は脳から

★遠隔氣功

遠隔気功は時空を超える

世界中どこにでも可能です

★ペットの病気に

ペットを救う波動療法

ペットの病気・症状改善

★夢の実現

夢を叶える脳波動

夢を叶える脳




  

  研究理念

 

当研究室は、脳と波動の研究から得た

技術と情報を、心と体を改善する療法

の実践で真の健康を提唱して行きます

 


心を込めて丁寧に施術致します

気功の魅力とは?気功の歴史や種類について知ろう!

気功と言うのは、中国で4000年以上も前から行われている健康法です。気功の効果や魅力を知る事で、日常生活においても気功を上手く活用していくことができます。現代では、気功は医療の一部として扱われており、世の中においても深く浸透しています。ここでは、気功の始まりと共に、主な気功の種類についてお伝えします。

そもそも気功の始まりとは?

一般的なイメージでは、気功と言うのは特殊なものと思われている方が多いと思います。しかし、実は気功と言う施術は、人を元気にしたい、不調を改善したい、こうした昔の人の願いからできた施術になります。日常で行う動作の中で、腕上げ、腰の曲げ伸ばし、体の痛い部分を揉む、このような行為によって身体を癒します。しかし、気功と言うのは本来シンプルな動きであり、気功の長い歴史と今までの経験の積み重ねで施術に奥深さが加わったことで、神秘的なイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

そもそも気功の始まりには、はっきりといつから始まったと言う記録がありません。古墓の中から発掘された物による推測で、約4000年前に中国から誕生したと言われています。当時、中国の中原地域が洪水で氾濫し、高湿度になったことから多くの人が関節の腫れや浮腫み症状に悩まされ、その時に一種の舞踊を行ったことが気功の雛形と言われています。現在保存されている気功資料の中で一番古い図譜には、ラジオ体操に似たポーズが全部で44種類描かれており、それぞれのポーズに名前、簡単な呼吸法、効能までが記されています。中国における最も古い医学の書物である黄帝内経(こうていだいけい)には、気功が治療手段として記載されており、それ以降の気功に関しては、道家、儒家、仏教、民間に伝承され、各健康法の中から様々な思想や動き方を吸収し、内容を充実させながら気功が現在までに発展してきています。

現代の中国でよく知られている気功は、五禽戯(ごきんぎ)・六字訣(ろくじけつ)・八段錦(はちだんきん)・易筋経(えききんきょう)、これら4つの四大気功になります。五禽戯は、五禽戯後漢の名医華佗により、約1800年前に虎鹿熊猿鳥の五種類の動物の動きの特徴を真似て作られています。虎は腎、鹿は肝、と言うように、五臓のどれに良いか明確にされています。六字訣は、呼吸と発音を通して、臓機能を強化しながら整える功法です。嘘呵呼呬吹嘻これら六文字の発音によって、臟腑にアプローチをかけます。八段錦は、約800年以上の歴史を持つ気功で、八つの動きから気功が成り立っています。一から八の動きと効能が歌や詩のよう書かれています。動作がシンプルで、無理なく動くことができる気功です。易筋経は、達磨大師によって作られたもので、簡単な動作と呼吸法で強く丈夫な筋肉、関節、骨を作り上げて鍛えられるのが特徴です。

主な気功の種類とは?

内気功

内気功と言うのは、体の中を巡っている気を循環させることによって気を増幅させます。主に、健康維持や増進を目的に行われる気功です。また、体の病気を治療する為に内気功を活用するケースもあります。この場合は、内気功の中でも軟気功と言われており、この気功は武術にも使さわれる場合もあります。気功師が体の特定部分に気を集中させることにより、その部分を硬くして相手の攻撃を無効化してしまう方法で、首に槍を突き刺して槍を首の力だけで折曲げたり、割れたビンの上を素足で歩いたりと言った方法は、この硬気功が用いられています。しかし、硬気功と言うのは大量の気を消費する為に、やり過ぎは体を崩してしまう原因になるので注意が必要です。

外気功

外気功と言うのは、気功師が患者さんに対して気を放射し、患者さんが不足している気を補い、それと同時に気の調整を行い、病気の治療に役立てる方法になります。気の放射方法に関しては、患者さんに接触して気を送る場合もあれば、接触せずに行う場合もあります。いずれにしても、患者さんは気功師から放射される気を受けるだけの施術なので、特に知識や経験などは不要です。患者さんに接触せずに行う外気功の中には、遠隔気功と言うものがあり、これは、遠く離れた場所にいる患者さんに向けて気功師が気を送る方法になります。なので、患者さんがどこにいようとも、気を気功師から受け取ることができるのです。

これは有名な話ですが、世界的に有名な日本人指揮者が公演中に肩が上がらなくなると言う事態になり、日本にいる気功師の遠隔気功で自分の肩を治したことがあります。気に対する反応に対しては、人それぞれによって差があるので、その場で気を感じる方もいれば、ほとんど何も気を感じない方もいます。但し、何も気を感じることができなかったからと言って、自分がその気を受け取れていないと言うことでは決してありません。気功を受けた後や翌日に、気功の施術による効果や変化に気付くこともあります。また、何度も気功を受けている場合、外気功をより体感しやすくなる傾向があります。

まとめ

ここでは、気功の始まりと共に、主な気功の種類についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?気功と言うのは、古くからの歴史があり、それが今でも伝承されている有効的な健康法の一つです。気功を自分の生活に取り入れることで良い方向に体が改善し、より快適な日常生活を送ることができます。皆さんも是非、自分の健康維持や体調改善に気功を試してみてはいかがでしょうか?

気功と自然治癒力の関係性は深い!自然治癒力を高めるコツについて知ろう!

自然治癒力は、自分の体に備わっている免疫機能のことで、この免疫は体の健康に必要不可欠な存在です。実は、気功は自然治癒力を高めると言われおり、気功と自然治癒力の関係性は深いことを知っていましたか?ここでは、自然治癒力を高めるコツについて気功との関係性を含めてお届けします。

そもそも自然治癒に必要な免疫力について

体に備わっている免疫力とは一体どんな力?

免疫力と言うのは、ウイルス、細菌、カビなど、様々な病原体から体を守ってくれることをはじめ、病気発症や重症化を防ぐ防御機能です。健康な体の方であれば、免疫力と言うのは本来生まれつき自分の体に備わっているものですが、実は、私達の周りには目に見えない数多くの病原体が潜んでいることを知っていますか?普段、その病原体の影響を受けずに健康的な生活を送ることができる理由には、体に備わる免疫力が働いているからなのです。

先天的な免疫と後天的免疫がある?

生まれつき持っている先天的免疫を自然免疫と言います。自然免疫と言うのは、病原体を免疫が直接食べることで成り立っています。体に菌が侵入して悪さする病原体には一定の共通した特徴があり、白血球の中のマクロファージや好中球などと言うのは、病原体が体内で悪さをする前に同色する働きを担っています。マクロファージや好中球は、自分が生まれつき持っている血液中に存在する細胞なので、病原体を直接食べる免疫と言うのは生まれつき備わっている力であり、これが自然免疫です。一方、生活していく中で持つ後天的免疫が獲得免疫です。生まれた時には体に備わっていなくても、生活を送る中で様々な病原体に晒され、体内に備わる免疫を獲得免疫と言います。獲得免疫と言うのは、自然免疫力ではカバーできない病原体に対して体を守る力となるものです。体内に侵入した病原体の特徴を一度覚えて、次回その病原体が侵入した時に、病原体を攻撃する抗体を産生して退治したり、病原体が感染した細胞を攻撃したり、体を守りします。

自然治癒力を高める気功の有効性について

気功は本当に体の自然治癒力に有効的?

気功と聞くと、皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?「怪しい」「胡散臭い」などと言うイメージを持っている方もいますよね。日本では、まだ社会的には認められていませんが、医療として認められて保険適応される国もあることを知っていますか?海外においては、気功は肯定的であり気功医療が認められ、保険適応されている国があります。世界における医療気功の現状ですが、中国やイギリスでは気功は医療として認められています。中国では、医療気功は当たり前で、また、イギリスでも気功師やヒーラーは社会的に認められおり、社会的地位もあります。患者に気を送って治療を行うのは当たり前の施術であり、イギリスの病院内では、入院している患者さんに気功師が気を送っている光景は普通に見られます。また、こうした気功のヒーリング治療にも、健康保険が適用されているのです。しかし、日本の医療気功については、まだまだ気功やヒーリング治療と言うのは認められていません。なので、気功の効果に疑いを持つ方もいるのが現状です。ですが、現代においては少しずつ気功の効果が注目されるようになっており、健康維持に気功を取り入れる方が増えています。

気功が人体の自然治癒力に有効的な理由とは?

私達の体と言うのは、脳波がβ波の状態だと、自然治癒力が落ちている場合、心配、不安、後悔、怒り、妬みなど、ネガティヴな感情になりやすいと言われています。これは脳波がβ波が主になっていることが原因で、このβ波の状態は自然治癒力が低下します。しかし、気功を取り入れることで、気功と言うのは自然治癒力が働きやすい脳波に変えることができるので、自ずと自然治癒力が高まるのです。気功は、受ける人の脳波を自然治癒力が働きやすい脳波であるα波にし、そして、θ(シーター)波に変えることができます。このように、脳波を変えて自然治癒力が働きやすい環境を作ることができることから、人体の自然治癒力に有効的に働きかけてくれます。

気功で自然治癒力が高まる理由とは?

気功と言うのは、その名の通り自分の体内に巡る気を操り、体の調子を整えたり鍛えたりする方法です。最近では、気功に対する認知度も上がってきており、多くの人から注目を集めている健康法となっています。気功によってリラックスすることができたり、体の調子を整えることができたり、健康法として用いられる機会が多く、中には、ダイエットに活用する方も増えてきています。

気功を活用するメリットにも色々とります。先ず大きな魅力となっているので、自分で自分の体を回復させることができる点です。これは自分の体の中で乱れている気を整えることで、結果、体力や精神力を回復させることに繋がるからです。また、肉、骨、筋、皮膚などを鍛えることができる点です。気功をやり終えた後は体が内側から元気になると言われています。最近では、ラジオ体操の代わりとして高齢者が気功を実施していることも多く、体に負担をかけずに実施するメリットがあります。この他にも、呼吸法によって体幹を鍛える、内臓を鍛錬できるなど、色々なメリットがあります。

このように、自分の体内のあらゆる機能をアップさせることができる気功は、自然治癒力の向上一役買っており、日常生活に気功を取り入れるだけでも健康維持が期待できるのです。

気功を取り入れるだけで体が変わる!免疫力を高める気功法や効果について知ろう!

皆さん、気功と言う言葉を聞いたことがありますか?気功は、古来から体を治す治療として用いられてきた民間療法と言うことを知っていましたか?ここでは、気功によって自分の体の免疫力がアップするそのワケについてお伝えします。気功と健康の繋がりをしり、是非、気功を生活に取り入れていきましょう。

気功法と免疫力の関係について

皆さんは、気と聞くと何だか非科学的に感じる方もいるのではないでしょうか?また、気と一言で言っても、日本語には気になる・気に障る・元気がない・気が楽になる・気を遣うなど、心の状態を表現する為に気と言う言葉が色々使われていますよね。このように、心の状態と言うのは日々違うもので、私達のコンディションは自分の生活環境に存在するエネルギーによって影響を受けています。その気の正体と言うのは、科学的な解明はできませんが、気と言うのはあらゆる空間に存在しており、生命エネルギーも深く関係している見えない情報でもあるのです。

私達の体と言うのは、無意識の内に凝りや張りが生じて硬直していきます。特に、昨今は長時間のオフィスワークやスマホ操作など、肩こりや腰痛などの悩みを抱えている方も多いです。実は、体は硬直してしまうと、血流の流れが悪くなってしまうことで免疫力が低下し、逆に、体を緩めることで血液や体液の循環促進になり、副交感神経の作用でリラックスし、自律神経バランスが整い、免疫力アップに繋がっていきます。

気功法と言うのは、免疫力を高めるのに効果的である理由として、気功法により体を緩める=気の流れを意識することに繋がるからです。なので、気功法で体を緩めていきながら、自分がいる空間の気の流れの中に自分を合わせてリラックスしていくと、免疫力アップに効果的だと考えられます。

病気の予防や治療との関係性について

気功の治療と言うは、自分の体の中に流れている気=生命エネルギーを、体内に循環させたり悪い気を排出させたりすることができます。自分の体の中に存在している生命エネルギーの循環を改善していくことによって、治癒力をアップすることができたり、免疫力をアップさせる効果が期待できたりします。また、体の外側から良い気を体内に取り込むことで、体内に存在している悪い気を外気功で排出すれば、自分の体の調節力もアップしていくことができます。この気功法によって、実は、病気の予防や治療に繋がっていくと言われています。気功と言うのは、治療に役立つことはもちろん、その他にも、様々な健康維持に用いられている健康法の一つであり、現代においても気功法のお陰で病気知らずと言う方もいます。

このように、気と言うのは実際に目に見えるものではありませんが、気功法である深く深呼吸して自らを落ち着かせて気功を行うことで、自分の中に眠っている生命エネルギーを呼び覚ますことができるのです。最近は、現代医療が増々進んでおり、気功はあまり信用されていない面もありますが、日本でも古くから体の手当てとして用いられてきた治療法であり、免疫力・治癒力・調整力をアップしてくれる健康法なのです。