★脳は がんを予防する!

がん にならない方法

 

     癌は治る!

                 と言ってはいけない‼ しかし、あえて言う‼

 

癌 になったらどうしよう!

誰もが恐怖に陥る病気の№1は がん ですね

 

しかし、癌のメカニズムを知ればぜんぜん怖くない

何故、癌になったのかを知れば治癒に一歩近づきます!

 

それでも、死に至る人が多いのは何故?

それは、現代医学では日常に行われている

抗がん剤治療や手術に問題があるからです。

 

抗癌剤という超猛毒を体内に入れたら良性細胞は死んでしまいます。

良性細胞が減ってしまえば、免疫細胞の働きは阻止されます。

転移を防ぐための、リンパ管切除手術は下水管を寸断されたようなもの

老廃物の輸送は当然できなくなり、浮腫み神経に障り激痛となります。

 

しかし、他に手立てはあるのか?

 

真実を知ることが必要です!!

 

血液の汚れから、細胞が変異した結果が癌であると考えられます。 

なぜ?血液は汚れるのか、食事やストレスが原因であることは知られています。

 

怖がらずに がん とは何かを知ることが重要です!

 

当研究室では、何故、癌が治る人と治らない人がいるのか?

癌に限らず、データを集め、考察してきました。

その結果、導き出した答えは 「脳の在り方」 だったのです。

気持が前向きで、一切の執着をもたなくなった人の改善率は断トツだったことです。

 

生き方を変えた人 つまり思考を変えた人は、脳が自由に解放

され、免疫力が想像を超えるほどアップするのです。

 

癌を予防するには脳内環境を良くして免疫細胞を正常に働かせることです!

 

脳は癌細胞を攻撃する細胞に限らず、他の病気症状も改善する

細胞を作り出すのです。

つまり、病気を改善するには、脳の状態を良い状態にすること

なのです。

脳内の神経伝達物質の分泌を促すことが、脳内の信号伝達を改善し

病気が改善して行く唯一の方法と当店では結論づけています。