· 

病は気から

「病は気から」とは、一般的な解釈では病気は気持ちの

持ち方次第で良くなるよと

 

実は深い意味があって

気の流れ、気の乱れが原因で病気になるんだよと

もちろん気持ちのもち方は病気を改善するには

一番必要な事です。

 

私は、すべての病の原因は脳にあると思っています。

人体の中枢は脳です、体を自動制御しているのですが

心(意識)は脳に影響を及ぼします。

そこが人間の人間たるところですが

 

私は、現代社会で脳が正常に働いている人はあまりいないのでは

と思っています。このことはまた別に書こうと思います。

 

病気は自律神経(交感神経と副交感神経)の失調から

始ります。

心の状態で睡眠が取れなかったり

つい食べ過ぎたり、飲みすぎたりも

満たされない心の状態(ストレス)の代替えであったり

そこから内臓を痛めて病気が発生する原因になることも

怪我、骨折なども心の表れであったりします。

 

心 脳 体 

人と人との関係も

すべてはつながっています!

 

社会と個人のつながり世界情勢

情報は集団的無意識を作り出しています。

 

病気にならない秘訣は物事を前向きに捉えること

小さなことは気にしない!楽しく生きることが一番!

 

楽しく生きることが出来ない人は、

誰かに縛られている人ですね

親であったり、家族や友人であったり、会社であったり

社会やマスコミ(TV)は情報で洗脳します!

スマホは情報通信の洗脳道具です!

 

楽しく生きるとは

人を愛し、自然を愛でること

人にも自然にもやさしくすること

自分の好きなことをすること

理想を夢見て実現すること

出来たらいいね!

 

タイトルからだいぶ脱線しました  m(__)m